栃木県小山市 川田耳鼻咽喉科クリニック|耳鳴り めまい 聞こえにくい 鼻血 鼻づまり 声が出しにくい のどの腫れ 城南地区 下野市 結城市 真岡市 筑西市

小山の川田耳鼻咽喉科クリニック|小山市 小山駅 間々田 小田林

小山の川田耳鼻咽喉科クリニックの診療時間|午前診療8:30~12:00、午後診療14:30~18:00(土曜日は17:00まで)、休診日:水曜・日曜・祝日

小山の川田耳鼻咽喉科クリニックの電話番号は0285-31-3855

中耳炎について

中耳炎は、小さい子どもに多く見られる疾患で、3歳までに7割以上の子どもが中耳炎になったことがあるとも言われています。
多くの場合、風邪がきっかけで中耳炎を発症します。
これは、鼻やのどに感染した細菌やウィルスが、奥の方でつながっている耳まで到達してしまうためです。

中耳炎の症状

中耳炎の症状は以下のようなものがあげられます。

  • 耳の激しい痛み
  • 耳漏(じろう)
  • 発熱

発熱については、微熱のものから39~40℃の高熱まで様々です。
赤ちゃんの場合、耳の痛みを見逃してしまう場合が多いので、発熱の際には中耳炎も疑っておきましょう。

中耳炎の治療

中耳炎を発症している場合、初期の治療が大変効果的です。
耳の激しい痛みや、他科で高熱の原因が分からないと診断された場合、中耳炎の可能性があります。
早めに耳鼻咽喉科を受診しましょう。

よくある質問

中耳炎の予防で気を付けることはありますか?

中耳炎は風邪をひいた際に細菌やウィルスが鼻の奥を経由して中耳に入り込むことで発症することが多いです。
そのため、風邪をひいた際には鼻水をこまめに出したり、うがいでのどを清潔に保つようにしましょう。

中耳炎を繰り返すことで耳が悪くなることはありますか?

中耳炎を繰り返すことで慢性的な難聴になる可能性は低いです。
発症中は一時的に聞こえが悪くなりますが、完治することで回復します。