栃木県小山市 川田耳鼻咽喉科クリニック|耳鳴り めまい 聞こえにくい 鼻血 鼻づまり 声が出しにくい のどの腫れ 城南地区 下野市 結城市 真岡市 筑西市

小山の川田耳鼻咽喉科クリニック|小山市 小山駅 間々田 小田林

小山の川田耳鼻咽喉科クリニックの診療時間|午前診療8:30~12:00、午後診療14:30~18:00(土曜日は17:00まで)、休診日:水曜・日曜・祝日

小山の川田耳鼻咽喉科クリニックの電話番号は0285-31-3855

嗅覚障害

嗅覚障害とは?

嗅覚障害とは、何らかの原因でにおいがしない、もしくはにおいが感じにくいといった嗅覚機能が低下した状態のことをいいます。

風邪やアレルギーによる鼻詰まりなど、一時的な原因以外にも、特に体調は悪くないのに、においがわからくなってしまうことがあります。

においを正常に感じることができないと、味覚にも影響が出て、食欲低下につながることもあります。

原因

嗅覚障害の原因として、風邪やアレルギー性鼻炎により鼻が詰まってしまい、においが鼻のセンサーまで届かなくなってしまった場合が多いです。また、風邪やインフルエンザの症状が治まった後も嗅覚が戻らない場合は、ウイルスによってにおいを感じ取る嗅粘膜が変化してしまい、においを感じ取れなくなることもあります。

その他に、頭部外傷や脳梗塞、アルツハイマー病などの病気で脳が障害を受けてにおいを感じ取ることができなくなることもあります。さらに、原因が特定できない場合も多く見られます。

診断

嗅覚障害の診断では、体調や症状がいつから始まったのかなどを伺います。また、実際ににおいを嗅いでいただく検査も行います。

加えて、内視鏡を使用して実際に鼻の中を観察し、鼻詰まりが原因となっているのかなどの判断も行うことがあります。問診や内視鏡で原因がわからなかった場合には、神経の障害の可能性もあるため、専門の医療機関でX線やCT、MRI検査などが必要になる場合もあります。

治療

嗅覚障害の原因となっている病気に合わせて、適切な治療を行います。

鼻詰まりや嗅粘膜の変化が原因の場合、抗アレルギー薬の服用やステロイドの点鼻薬を使用したり、ビタミン剤や血流をよくする薬を服用する治療を行います。また、副鼻腔炎で鼻詰まりをおこしている場合には、手術によって詰まりを取り除くという治療もあります。

脳が障害を受けてにおいを感じ取れなくなってしまっている場合は、各疾患の治療を行います。いずれにしても、嗅覚障害はその原因を探索する見極めることが治療の第一歩です。

においがわからない、感じ方が変わってしまったなどの症状でお悩みの際には、まず耳鼻咽喉科を受診し、原因を探りましょう。