栃木県小山市 川田耳鼻咽喉科クリニック|耳鳴り めまい 聞こえにくい 鼻血 鼻づまり 声が出しにくい のどの腫れ 城南地区 下野市 結城市 真岡市 筑西市

小山の川田耳鼻咽喉科クリニック|小山市 小山駅 間々田 小田林

小山の川田耳鼻咽喉科クリニックの診療時間|午前診療8:30~12:00、午後診療14:30~18:00(土曜日は17:00まで)、休診日:水曜・日曜・祝日

小山の川田耳鼻咽喉科クリニックの電話番号は0285-31-3855

声帯ポリープ

声帯ポリープとは?

声を出すための器官である声帯にできる腫瘤を声帯ポリープと呼びます。声帯がうまく閉じず、振動も邪魔されるため、声がかすれたり、発声しにくくなる病気です。

大抵、ポリープは声帯の左右どちらか片方にできます。ポリープが大きかったり、長く放置したりすると、反対側にも症状が現れてきます。

喉をよく使うお仕事や趣味を持っていると声帯ポリープができやすく、発声法が悪いとさらにリスクは上がります。また、喫煙者に多い傾向があります。

症状

初期段階では、喉の奥に何かつまっているような違和感を覚える程度ですが、症状が悪化すると、声のかすれがひどくなったり、発声しづらい状態になります。

主な症状は以下のようなものが挙げられます。

  • 声質がやや低音になる
  • 空気がもれるような声質になる
  • 声が出せなくなる
  • 発声時に疲れを感じる

治療

消炎薬やステロイドホルモンによる治療

初期段階では、喉を安静にし、消炎薬やステロイドホルモンによる治療を行います。これらの薬物治療でポリープが消失することもありますが、効果が出なければ手術を検討します。

手術による治療

手術では、全身麻酔をかけて顕微鏡で喉頭を観察しながらポリープを切除します。しかし、全身麻酔ができない、もしくは患者さんがどうしても入院できないという場合は、ごく小さなポリープに限り、局所麻酔でファイバースコープを用いた摘出を行う場合もあります。

手術後は傷が開かないように、安静をとって約1週間声を出すのを控える必要があります。実際にどの程度の期間、安静するかは治療を受ける医療機関や患者さまの職業によっても異なります。

治療して声帯ポリープがなくなったとしても、声帯に負担をかけない生活を心がけなければ、再発するリスクがあります。そのため、加湿器で適度な湿度を維持したり、発声後のうがいを習慣付けたり、水分をこまめに摂ることなどが必要です。